前照灯(ヘッドライト)について

ライトと言いますと、みなさんもよく頭の中に浮かんでくるダイニング01
光を発する装置の事を指すでしょうが、光を発することから
ライトはいつ使うのかと言いますと、当然のように夜間に使
う事が考えられるでしょう。しかし私たち人類の歴史の中には、
ライトをその他の色々な意味で使用している事もあったりしま
す。例えば昼間でありましても、遠くへの合図の代わりに火を
用いて知らせたとか、そのような使い方が昔からなされていま
すが、その使用方法は今でも応用されて私たちの生活上で役に
立っています。
                                                                          

普段私たちがよく利用する車にもライトが標準装備されていますが、ライトと言いましても車には非常にたくさんのライトが取り付けられています。例えば方向指示器もライトの一部として考えられていますし、その他にもブレーキランプやバックランプのようなものまでも広い意味ではライトという事になります。しかし多くの方が想像されるライトはやはりヘッドライトなのではないでしょうか。
このライトは前照灯とも呼ばれ、夜間では特に辺りを照らすために使用されます。光の照射範囲は保安基準でも定められており、ロービームは40m、ハイビームは100m先を照らせる範囲になっています。

コメントは受け付けていません。