カーパーツごとの保安基準

クルマを乗るときには、それぞれの部品の基準値を気に
する必要があります。どのような部品でも使っていいわ
けではなく、使用をするときには基準を守ったものでな
くてはいけません。各パーツの基準値を設定しているも
のを保安基準と呼んでいます。
                                                                        

この基準に違反をしていると、不正改造とみなされて交通違反となる場合があります。このときには、罰金で済む場合もありますが、ひどいときには、つかまる可能性もあるのです。基準内のカーパーツを使用していれば問題ありませんが、取り付け方によって不正ととられることもあるのです。
主な不正改造は、マフラーを切断や取り外しを行ったもの、タイヤが車体の外へとはみ出しているもの、ライトが認可されている色以外のものだったりと多くあります。これ以外にも、さまざまな部品に基準値が設置されています。その基準を破って部品を装着することは禁止されているのです。
                                                                  

公道をはしるときに他人の迷惑になったり、最悪の事態を
ひき起こすことにもなりかねません。自分で改造をするとき
には、基準をしっかりと確認をしてから楽しみましょう。

不正改造をした車は車検にも通らないし、デメリットし
かありません。できる範囲で楽しむ心が大切です。

コメントは受け付けていません。