車種別のサイズの範囲と扱い安さについて

車にはさまざまな種類と特徴があります。
軽自動車や小型車、普通乗用車、大型特殊自動車などがあり、
それぞれ車両の長さや車両重量が異なります。
軽自動車・小型車は、近年とても人気のある車です。
小さいながらにその性能の高さは実力十分で、小型のサイズ
で小回りも効くため扱いやすいのが特徴です。
                                                                      

さらに小排気量エンジンのおかげで燃費もよく、経済的にも優れているところも人気の理由でしょう。
軽自動車のボディサイズは、全長3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下で、小型自動車のボディサイズは、全長4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下の自動車のことをいいます。
一方普通乗用車は、燃費のよいハイブリッドカーが人気を集めています。
高騰するガソリン価格に対応するべく、各自動車メーカーが次々と燃費のよい車を発売しています。
大排気量エンジンでパワーが強く加速もスムーズなので、慣れてしまえば軽自動車よりも扱いやすいかもしれません。
                                                                            

大型特殊自動車は、ショベルローダ、フォークリフト、
農耕用作業自動車、ポールトレーラなどの特殊な用途のた
めに特殊な形状構造をした自動車のことをいいます。
普通乗用車・大型特殊自動車のボディサイズは共に
、全長12.0m以下、幅2.5m以下、高さ3.8m以下になります。
保安基準の規定による車両総重量は、セミトレーラーの場合
最大で28t以下とされており、セミトレーラー以外では最大
で25t以下、軸距が5.5m未満であれば20t以下でなければ
なりません。

コメントは受け付けていません。